おっしゃ! 走ってみるベ

taka922.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2006 田沢湖マラソン

a0098372_14485772.jpg 地元唯一のフルマラソン公認大会、田沢湖マラソンが17日に開催されました。参加された皆さん、お疲れ様でした!(たつこ姫は、皆さんに微笑みましたでしょうか!?)

 私は、出場はおろか、今回応援に行けませんでしたが、参加した皆さんのご報告を見るたびに、出場したかったな~と思っています。

 今朝の地元紙、秋田魁新聞のスポーツ欄には、この田沢湖マラソンの結果が報道されていました。さっそく見開いてみると。。。チャリティーランにも参加してくれた、兜○さんがフルマラソンで総合優勝されている記事が目に飛び込んできました!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!? 兜○さん、おめでとうございます!(やったね! 地元人優勝!)

 また、手形陸橋RFは団体戦で4位!! その他、私の知り合いのランナーも、老若男女、各種目で入賞されていました。入賞された皆さん、そして入賞はならずとも、納得のいく走りのできた皆さん、そして応援された皆さん、今年も田沢湖マラソン、お疲れ様でしたヽ(´▽`)/
[PR]
by takanori922 | 2006-09-19 22:48 | マラソン

2着目のCW-Xを購入

 新色のCW-X(プロモデル・ロング)を購入しました。(写真 結構、派手!?かな~) スパルタスロン用に購入しましたが、ん~実際に使用するかどうか迷っています。夜のサンガス越え時は寒いらしいので着用するとして、スタート時から着用するかどうか。。。日中は、かなり暑いようなのでランシャツ&ランパンでスタートしたいんですけどね。。。
a0098372_14465875.jpg

 今までは、Lサイズを履いていましたが(もう5年経ちます)、今回購入したものは、サイズを一つ落としてMにしました。Lサイズだと、ウエストがゆるゆるで、しかも腿裏の辺りがも余裕があって、サポート効果が働かないと判断。昨晩のランで、さっそく着用して走りました。

 走り始めは、圧迫感があって気になったものの、3、4キロほどで慣れることができました。終盤は、ふくらはぎの辺りのサポートも感じることができましたし、Mサイズにして良かったと思います。それでもやっぱり、ランシャツ&ランパンがいいかな。。。と思ったりもしていますが。。。とりあえず、スパルタスロンに持って行こうと思います(^^ゞ
[PR]
by takanori922 | 2006-09-18 21:46 | etc

八郎潟干拓駅伝に出場

 9月10日に、八郎潟干拓駅伝(大潟村)に、横手市陸協のBチーム(横手市走友会)で参加して来ました。この駅伝大会に参加したのは今回で3度目。走った区間は3区・6.0kmでした。この区間は、全7区間中最も短い距離で、スピード選手の集まる区間です。

 一週前に村岡ダブルフルで100キロを走っていたことと、スパルタスロン前にピシッと走りたかったこともあり、一番短い距離をということで、陸協の最○キャプテンにお願いしました。

 タスキを受けた時点では、15チーム中12位。前方50m先に、11位の秋田大学のランナーがいました。最初の1キロは、3分30秒。2キロ過ぎで、秋田大学のランナーと並び、しばらく並走しました。何度が引き離そうとしましたが、相手も粘ってラスト1キロまでそのまま並走。最後の最後で、また50メートル引き離されて4区にタスキを渡しました (T_T) タイムは、23分00秒。(秋田大学のランナーも23分00秒)おととし、同じ区間を走っていましたが、その時は22分31秒。スピード練習をしていないと、だんだんスピードがなくなるものですね。。。

 この日、チャリティーランにも参加してくれた兜○さんともお話できました。兜○さんは、土崎陸友会のメンバーとして、5区10.0キロを走られていました。見事、31分20秒で区間1位でした(@_@;)

 なお、最終的な横手市走友会のチーム成績は、13位。Aチームの横手市陸協は、4位という素晴らしい成績でした。9月24日、全県駅伝が開催されますが、ここでも横手市陸協の活躍が期待されます! という私は、横手中継所の監察員でお手伝いです (^_-)-☆
[PR]
by takanori922 | 2006-09-15 23:45 | 駅伝

村岡ダブルフル完走記・出石観光編

 村岡ダブルフル終了後に、濱ちゃん、ジェイさん、koojiさん、かめちゃんと一緒に、出石観光に行ってきました。レースが終わった晩は、豊岡まで車で移動し、ファミレスでステーキを! そしてホテル(出石ニューグランドホテル)に帰る途中に、「王将」で餃子を5箱も買って、みんなで部屋で乾杯しました! その日入ったホテルの最上階の温泉も気持ちよく、疲れが少しずつ取れていきました。
a0098372_14422037.jpg

(写真 宿泊した出石ニューグランドホテルさん)

 翌朝、ちょっと早く目覚めた私は、出石を散策。午前6時前から、ダメージのある足を引きずりながら!? 1時間ほどウォーキングを楽しみました。朝早くから、お店を掃除していた「梅寿司」の女将さんと、出石のことについていろいろお話を伺うことができました。その他、道行く地元の皆さんとあいさつを交わして、「おりゅう灯籠」や出石城大手門前の「有子のしらべ」などを見て回りました。
a0098372_14425666.jpg

(写真 おりゅう灯籠。昔の舟着場のシンボルだったそうで、鎌倉時代の悲恋物語の主人公・おりゅうが恋人と寄り添っているように見えることから、その名がつけられたそうです)

 ホテルに戻った頃は、ちょうど朝食の時間に。バイキングだったこともあり、たくさんおかわりをしました(^^ゞ

 朝食後は、青馬会のみんなと一緒に本格的な出石観光へ出発。名物の「出石そば」も5皿食べて、満足の出石観光でした!
a0098372_14432865.jpg

(写真提供・濱ちゃん 出石城内へいざ!)
a0098372_14435476.jpg

(写真提供・濱ちゃん 家老屋敷で)
a0098372_14442399.jpg

(写真提供・濱ちゃん 出石そば屋の前で、かめちゃんとタイムスリップ!?)
a0098372_14445258.jpg

(写真提供・濱ちゃん 最後は関空まで皆さんに送ってもらいました。本当にありがとうございました!)

■村岡ダブルフル完走記・終わり
[PR]
by takanori922 | 2006-09-14 22:41 | ウルトラマラソン

村岡ダブルフル完走記・その2

 さぁ、いよいよスタート時間が近づいてきました。調子はと聞かれると、ちょっとお腹がゆるいかな~くらいで、あとは万全。そのお腹の不安も、かめちゃんからもらった薬、そしてタラさんからもらったガスター20で、だいぶ調子よくなっていました。夏の走りこみ、どれだけ成果があるか、ここで試したかったと同時に、燃え尽きてはいけないというブレーキが交錯する中、午前5時、花火も打ちあがり、初めての村岡がスタートしました。
a0098372_14335480.jpg

(写真・オフィシャルHPより 100キロと88キロが同時にスタート)

5キロ 28分04秒
10キロ 53分42秒(25分38秒)

 序盤は、ゆったり目に入りました。すぐに上り坂が始まり、スキー場のほうへ。そしてハチ北の温泉街を一気に下ったりのアップダウン。ダブルさんやスポックさん、ベロンさんたちと一緒に走りました。自分も走り始めは調子よく、特に登りは苦労することなく走ることができて、自分でもビックリ。練習の成果が少しは出ているなと感じました。
a0098372_14342882.jpg

(写真提供・きっしゃんさん スタートして最初からいきなり登りに・笑)


15キロ 1時間17分42秒(24分00秒)
20キロ 1時間41分59秒(24分17秒)

 10キロの表示を過ぎると、しばらくして100キロの部と88キロの部が分かれる部分に。折り返し地点のエイドには、美味しい梅干があって、2個食べました。この付近で、濱ちゃん、そして遠くからたまごんさんに声をかけてもらい、とっても元気が出た区間です。15キロを過ぎると民家の中に。上りがきつかったのですが、応援も多く、手を振って走りました。(ここら辺の会館でトイレ休憩をしました)
a0098372_14345755.jpg

(写真提供・きっしゃんさん 温かい地元の応援がランナーを迎える)


25キロ 2時間6分25秒(24分26秒)
30キロ 2時間32分42秒(26分17秒)

 ここらへんで、やっほーさんが見えなくなってしまいました! ダブルさんと並走して走る時間帯もあり貴重な時間帯でした! 商店街では、たくさんの応援をいただきました。(ビールケースに座って応援してくれているおばあちゃんたちが可愛かった♪)折り返しのコースということもあり、スタート前に会えなかったたくさんの知り合いと会うことができました。(koojiさんやジェイさんとも!)


35キロ 3時間02分10秒(29分28秒)
40キロ 3時間28分11秒(26分01秒)

 そのうち、また88キロと分かれるT字路に。右に入って、流しソーメンエイドを目指します。少しずつ登る田んぼ道を走り。。。地元の子どもたちの応援が嬉しかったです。
 そして山間に入り、いよいよ、流しソーメンエイドに到着! 行きに寄ろうか、帰りに寄ろうか迷ったあげく、楽しみは元気なうちにと、最初に寄りました! 「秋田からようこそ!」と「他の人より多く流してあげるで~!」とおばちゃんに言われ(笑)、かなりのソーメンをいただきました! ウルトラマラソンで流しソーメンを食べたのは初めて! とっても楽しかったです!
a0098372_14352443.jpg

(写真提供・うーさん ソーメンエイドのある道を折り返して来たところ)

 元気いっぱいで折り返しを目指しますが、徐々にきつくなってペースもダウン。折り返し直前のあたりでは、走っていることができず、とうとう歩きになってしまいました。(というか、ここを走って登れる人はスゴイ!)なんとか折り返して下ってくると、とっとこと女子1、2位の叶姉妹が! そのすぐあとには、タラさんがいい表情で登ってきました。北海道の縞猫さんのプリマドンナ姿を拝む(笑)こともできましたし、福岡のうーさんとお会いすることができました! その他にも、たくさんのすれ違うランナーと声を掛け合って下って行きました。そして、一路、今回の難所・蘇武岳を目指しました。

45キロ 3時間58分46秒(30分35秒)
50キロ 4時間38分19秒(39分33秒)

 蘇武岳の登りに入ると、敦賀のSHOさんと上田さんに会うことができました。かなりキツイ傾斜を予想はしていましたが。。。その予想をはるかに上回る上り坂でした! 歩いて走ってのコンビネーションに早々に切り替え、リズムよく走ることに決めて走りました。「どこまでもつづくぅ~。。。この登りぃ~。。。」とゼイゼイ登っていましたが、頂上付近のダラダラとした登りでは、ほとんど歩いたまんま。「これは、萱峠の3倍はあるな(泣)こんなの走れるか~!(笑)」と、開き直っているくらいでした! 頂上に向かう途中に、ランナー一人ひとりへの応援看板があり、とっても感動しました。たしか「No.83 大友幸憲さん 秋田から初参加! 秋田の青馬会がんばれ!」というようなことが書かれていたと思います。その応援の工夫に「やられちゃったな~」と笑みがこぼれました。
a0098372_1436199.jpg

(写真提供・きっしゃんさん 蘇武岳のどこまでも続く登り)

 頂上付近、展望台のエイドに到着(景色最高♪こんなに登ってきたのかと、そのコース取りにも。。。唖然・笑)。ここでは、コーラをたくさんいただいてしまいました。氷の入ったコーラ、最高でした♪(生き返りました!)追い抜いてきたはずのランナーが、続々エイドに到着。みんなのキツソウな顔が印象的でした。
a0098372_14362755.jpg

(写真提供・きっしゃんさん 蘇武岳からの素晴らしい眺望)


55キロ 5時間07分39秒(29分20秒)
60キロ 5時間37分18秒(29分39秒)

 蘇武岳の頂上から、下りに入って間もなく、敦賀の上田さんが追いついて来てくれました。この先、どこまで下りが続くとか、どこからトレイル(砂利道)になるとか、初めてのコースだったので、上田さんの説明はこの先のコースがイメージできて、とってもありがたかったです。その上田さんとは、トレイルの部分で少しずつ離され。。。舗装路になった下りで、一気に前に離されました(早かった!あっという間に、見えなくなっていきました)
 その間も、登ったり下ったりのコース。、「ほんと平坦はないな~」と思って走っていました。ただ、この付近では、霧雨が降ってきて、森林浴とあいまってとってもいい気分で走れました。(暑いと思っていたのに、雨に恵まれるなんて♪ラッキー)
 スゴイ山の中のエイドでは、おばちゃんに「秋田にもこんなコースがありますか?」と聞かれました。「秋田にも自然は多くありますが、こんなにキツイコースを大会にしているのは。。。ないです。。。スゴイ、コースデス!(゚∀゚;)」と話しました。このエイでも、(この先のエイドも続く)秋田から来たということで、たくさんの方々に話しかけてもらって、いっぱい会話を楽しみました! 「村岡も有名になったものだ(笑)」と、地元の皆さんも喜んでくれていたようです!

65キロ 6時間08分51秒(31分32秒)
70キロ 6時間38分30秒(29分38秒)

 雨が上がると、一気に湿度上昇! ムシムシしていて、汗が一気に吹き出てきました。ちょっと足が痙攣気味だったので、これはまずい!とエイドで塩をつまんで、スポーツ飲料に入れて飲みました。先行していた上田さんに何とか並び、この辺は前後して走ることができました。そのうち、44キロの部の皆さんとコースで合流。88キロの皆さんとも会うようになり、声を掛け合うことができました。そして、われらが青馬会の「かめちゃんは、居ないかな~」とゼッケンを探して走ると。。。「おっ! かめちゃん発見!」登りの途中で、ロックオンできました(笑)。しばらく一緒に歩いて、キッツイ坂を登りました。
a0098372_1437828.jpg

(写真提供・濱ちゃん 撮影は、たこちゃん チャリティーランにも来てくれた西本さんと)
a0098372_14374129.jpg

(写真提供・濱ちゃん 撮影は、たこちゃん 下りを落ちてきた!? かめちゃんと一緒に♪)

 71キロのレストエイド、射添地区の公民館では、たこちゃんの応援をもらっちゃいました♪ バイクでは、なかなかコースに入れなかった模様。パンクもあいまって、大変そでしたが、たくさんのランナーを応援してくれていました!(たこちゃん、ありがとうね~) ここでは、かめちゃんが追いついてきて(落ちるように下ってきたらしい!スゴイ!)一緒に写真も撮れました。また、みちのく秋田チャリティーランにも来てくれた、西本裕子さん、そして旦那さんともお会いすることができました!(記念写真をパチリ♪) 
a0098372_1438854.jpg

(写真提供・きっしゃんさん 但馬の大仏殿手前の登り)

 射添地区公民館を出て、またまた登りへ。但馬大仏殿手前の上り坂。。。ここら辺に来ると、疲れがピークに。登りを積極的に攻めようとしても、なかなかリズム良く走ることができなくなってきていました。でも、大仏殿に入ってお賽銭を入れ、お参りをすると、自然とパワーが! 丹波の黒豆!?のお茶もいただき(おはぎは食べれなかった。。。)、住職さんにもご挨拶して、後半戦に突入しました。。(そんな中、社殿で帽子を取って走っていた上田さん、さすが!礼儀正しい!)
 大仏殿を出てからの登りでは、ウォーキングの部の親子連れが目立つようになり、子どもたちに「ファイト!」と声をかけて走りました。子どもたちも、元気にそれに応えてくれました

75キロ 7時間13分11秒(34分41秒)
80キロ 7時間44分23秒(31分12秒)

 この辺りの登りで、ひろっさんとふきこさん、イケイケさんから応援をもらいました。ひろっさんとふきこさんとは、昨年のみちのく秋田チャリティーラン以来の再会! 応援に来られるとはつゆ知らず! 突然のウレシイ出来事に、何がなんだかサッパリわからず!?、混乱してしまいました(笑)! 冷え冷えのトマトの差し入れをいただき、ガブガブかじって元気満タン。(もう一個食べたくて、登った坂を戻ろうかと思ったくらいです。感謝!)弱気だった気持ちも「あと残りわずかだ」と気合を入れなおすことができました。 

85キロ 8時間10分11秒(25分47秒)
90キロ 8時間40分32秒(30分21秒)

 90キロあたりで、チームもも組のISIさんと会うことができました。お子さんもお生まれになり、走る時間があまりなさそうで「練習不足」と話されていました。「これから先に、もう一つ大きな峠がある」とか「いいペース。最後までがんばって!」と励まされて走ることができました(ありがとうございました)。
 ここら辺のエイド、調子が良かったものだから、1カ所パスしたら。。。あっという間にガス欠に。90キロ以降の登りは、とてもきついものになりました。前に7位の選手が見えましたが(この時点で8位だったらしい。。。自分では9位と思っていた)、「第9回大会だから、9位には何かあるな。。。ムフフフ」と勘違いしていて、特に無理して追いませんでした(笑)。
 左足の膝上が痙攣しだし、これはまずいと歩いたら、もっと痙攣がひどくなりました。走っていたら、なぜか治ったので「これは走れということだな。。。」と、思って走りだしまた(笑)。結局、止まったり歩いたりすると痙攣が起こる感じ。キツカッタですけど、走るように心がけました。。。 

95キロ 9時間15分52秒(35分20秒)
100キロ 9時間42分16秒(26分56秒)

 さぁ、残り10キロ。ゴールまでカウントダウンです。登りの頂上の24エイドの奥で、缶ビールを飲んでいるお父さんたちを発見! 「おいしそうですね!」と言うと、飲みたいと聞こえたようで(笑)、「一本やるか?」と誘ってもらいました(嬉)! あて(おつまみ)までいただいて、乾杯してしまいました。秋田のお話もさせていただきましたし、村岡のお話もたくさん聞け、5分ほど楽しい時間を過ごさせていただきました(そのビールのうまかったこと! 一気に飲んでしまいました)。
 ほろ酔い気分で下って下って。。。途中、黒板に通過順位を教えてくれるおじさんがいました。なんと! 現在8位! 「おいおい、9位じゃなかったのー。。。第9回大会の飛び賞狙いだったのに。。。」そんなことを思いながら、下って下って。。。そのままゴールと行きたいところですが。。。最後の最後で、もう一つ登りがあるんですね(^^ゞ ダメ押しとも呼べる登りは、往復約1キロ。最後だと思って、全部走りきりました。折り返し地点で、地元の皆さんが応援してくれるんですが、今までのエイドと違って、なんかすっごい静かでした(笑)。どちらかというと、めずらしいものを見るような感じで(笑)、走っている私が緊張してしまいました(^^ゞ
 ホントに下りに入って、前方に100キロのゼッケンを着けたランナーが。「ん~9位狙いだったんだけど、勘違いして今8位だし、もう一丁頑張ってみよう。。。」と奮起。ラスト3キロくらいは、猛然と追いかけました。その前方のランナーも、何度も後ろを見るようになって。。。追いついた時、苦笑いで「とどめを刺してください。。。」と一言(笑)。「いやいや、一緒にゴールしましょう」とお誘いしましたが、もう下りがめちゃくちゃキツイとのこと。そうですね。。。私もきついです。そのままのスピードで先に行かせてもらいました。
 ゴール地点が見えてきて、かすかにゼッケン番号と名前をアナウンスしてくれていました。グラウンドに入り、たくさんの拍手でゴールに迎え入れられました。楽しくも辛かった初めての村岡が。。。9時間42分16秒で終了しました。。。
a0098372_14384787.jpg

(写真 100キロ順位速報。。。あと少しで6位入賞でした(^^ゞ )
a0098372_14392945.jpg

(写真提供・濱ちゃん みんなくたびれた~ (´□`)の顔!?)

村岡ダブルフル完走記・観光編に続く
[PR]
by takanori922 | 2006-09-08 22:33 | ウルトラマラソン

村岡ダブルフル完走記・その1

 村岡ダブルフル(兵庫県)に参加しようと思ったきっかけをお話しすると、2003年までさかのぼります。その年、2度目のサロマに参加した私は、さろまにあんという宿に泊まりました。そこで出会った「ちーむもも組」の皆さんに、「村岡ダブルフルウルトラランニング」という素晴らしい大会があるということを聞き、いつか参加してみたいと思うようになりました。しかし、毎年、地元の秋田100キロと同時期の開催ということで、なかなか参加できずに。。。そんな中、今年はのじぎく兵庫国体が開催されるということで、開催日が3週間早まり、かつ秋田100キロも2年間休止ということもあり、思い切って参加を決めました。
a0098372_14265948.jpg

(写真 大阪・通天閣に、うららさんと一緒に)

 9月1日(金)の午前便で花巻空港から関西国際空港に飛び、大阪入りしました。空港では、青馬会のうららさんが迎えに来てくれていて、久しぶりの再会を喜びました。その後、一緒にお好み焼きやたこ焼きを食べに行きました。本場モンのお好み焼きとたこ焼きは、最高に美味しかったですよ (^_-)-☆
 また、通天閣や日本橋など大阪観光も楽しませていただきました。通天閣から見た大阪市内は、ものすごく大きかったです。なお、風のあったこの日、神戸のほうまで景色を見ることができましたし、生駒山もきれいに見えました。(竜神マラニックの山間も)
a0098372_1427364.jpg

(写真提供・濱ちゃん 花久にて うららさんとダッキーさん)

 夕方は、うららさんが以前行きつけだった「花久」へ。自分は、ここに来たのはおととし11月以来の2回目でした。今回も、おいしいお刺身やカニ鍋をつつきながら、うららさん、濱ちゃん、koojiさん、ダッキーさん、アガシさん、かんとくさん、永田さん、こがみちゃん、私の9人で走りの話で盛り上がりました!(楽しい時間をありがとうございました!)
a0098372_1428437.jpg

(写真提供・濱ちゃん 花久の前で)

 その日の晩は、リーガロイヤルホテルにうららさんと宿泊。遅くまで、マラソン談義に花を咲かせました。そして立派なベッドで、ゆっくり眠ることができましたzzz・・・

 翌朝5時半に起きて、うららさんとホテル裏の朝市に。お目当ては、市場内にある「天ぷら屋さん・大吉」です。以前もうららさんから、「今度天ぷらを食べに行こう」と誘われていました。そのことを思い出しながら、一緒にカウンターへ座りました。
a0098372_14282997.jpg

(写真 足元には、アサリの殻が散乱! 私もならえとばかりにポイポイと♪)


 店に入った瞬間、足元には、アサリの貝殻が散乱! 歩きづらいのなんのって!(笑)。アサリ汁を食べていた人たち全員、殻を足元に投げているのにはビックリでした。(っていうか、これがまたいいな~と思った)揚げたての天ぷらの味も絶品で、朝から、どんぶり飯をたいらげてしまいました!
a0098372_14285547.jpg

(写真 アサリ汁がめっちゃうまい!揚げたてのてんぷらは、もっとうまい!・笑)

 午前11時には、濱ちゃん、koojiさん、かめちゃん、たこちゃんとホテルのロータリーで合流。うららさんに見送られ、大阪を出発。一路、ジェイさんとの合流場所を目指し、ワイワイと賑やかに道中を過ごしました。途中、高速道路のサービスエリアで昼食。なおちゃんや青柳さんらもも組の皆さんともお会いできました。
a0098372_14292038.jpg

(写真 高速道路のサービスエリアで)

 ジェイさんと合流できたのは、午後2時ごろ。サングラスにノースリーブ、グローブをはめたダンディ・ジェイさんと再会(笑)! ジェイさんもとっても元気そう! 握手を交わして、受付会場を目指しました。この日の兵庫県、気温はだいぶ低く、「秋田とあまり変わらないな。。。」なんて思いながら、車のエアコンを切り、窓を全開にして走りました。
a0098372_14294385.jpg

(写真 とうとうやってきた村岡ダブルフルウルトラランニング)

 午後3時過ぎに、受付会場に到着。さっそくチームもも組の皆さん、怪速亭の皆さんと合流。その中で、特にダブルさんとタラさんには、歓迎してもらいました。また、おととしの萩往還以来の再会!?となる、カズさんとも! 握手を交わして、受付を済ませましした。その後は、怪速亭の常宿「なかや」さんへ一度チェックイン。部屋で翌日の準備を済ませ、また前夜祭会場に戻りました。
 前夜祭が始まる前には、ダブルさんを交え、ベロンさんやドンガメさんなどスパルタスロン経験者ともお話できました。わからないところや不安なところがあったので、質問攻め(笑)。皆さんから親切に、いろいろと教えてもらいました(感謝)。
a0098372_143065.jpg

(写真提供・濱ちゃん 実行委員長の田丸さんからインタビューを受ける)

 前夜祭は、地元町長さんのあいさつに始まり、太鼓の演奏などが披露されました。食事を取りながら、参加者のインタビュー。一度トイレに抜けて帰ってくると、なぜかマイクが私のところに。。。(@_@;) 簡単なインタビューを受けて緊張しましたが、いい思い出になりました(^^ゞ
 前夜祭終了間際、なんと餅まきが行われ会場は大盛り上がり! (私も何個か拾って来ました)みんなと記念写真を撮って、楽しい前夜祭が終了しました。
a0098372_14303117.jpg

(写真 怪速亭・ちーむもも組・そして青馬会が一緒に記念撮影!賑やか!)


 宿に帰ってきて夕食、そして温泉に入り、就寝前に怪速亭の皆さんとミーティング! 自己紹介から始まり、いろいろな大会の情報を交換し合いました。特にダブルさんのスパルタスロンの話には、皆さん特に耳を傾けていたようです。就寝したのは、午後10時くらいでした。

 午前2時。みんなが起きはじめたのか、騒がしくなって目を覚ましました。最近のウルトラの前夜は、よく眠れます。今回もぐっすり眠れました。2時30分には、布団をたたみ、着替えをして、顔を洗って、コンタクトを入れて準備完了! 3時には朝食をとり、3時30分には、送迎のバスに乗り込みました。前夜祭会場に到着したのは、4時ころ。バスから降りると、満天の星空が迎えてくれました。
a0098372_14305837.jpg

(写真提供・濱ちゃん スタート前、使用前の皆さんの表情!)
a0098372_14312878.jpg

(写真提供・濱ちゃん スタート直前 左上から時計回りで、たまごんさん・濱ちゃん・ダブルさん・私)
a0098372_14315510.jpg

(写真提供・濱ちゃん 同じくスタート前に上田さん、弟の兄さんを交えて)

 かがり火の中を歩き、控え室へ。そこでたくさんのランナーと会うことができました。このうち、たまごんさんからは、スパルタスロンの餞別をいだきました。今まで見たこともないくらい明るく、そして軽量なヘッドランプです。本当にありがたかったです。この場をお借りして、お礼申し上げます<(_ _)> <(_ _)> <(_ _)> (たまごんさん、いつも応援ありがとうございます)

村岡ダブルフル完走記・その2へつづく
[PR]
by takanori922 | 2006-09-07 22:27 | ウルトラマラソン
line

ライフブログ(時々更新w)


by otomo922
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite