おっしゃ! 走ってみるベ

taka922.exblog.jp ブログトップ

村岡ダブルフル完走記・その2

 さぁ、いよいよスタート時間が近づいてきました。調子はと聞かれると、ちょっとお腹がゆるいかな~くらいで、あとは万全。そのお腹の不安も、かめちゃんからもらった薬、そしてタラさんからもらったガスター20で、だいぶ調子よくなっていました。夏の走りこみ、どれだけ成果があるか、ここで試したかったと同時に、燃え尽きてはいけないというブレーキが交錯する中、午前5時、花火も打ちあがり、初めての村岡がスタートしました。
a0098372_14335480.jpg

(写真・オフィシャルHPより 100キロと88キロが同時にスタート)

5キロ 28分04秒
10キロ 53分42秒(25分38秒)

 序盤は、ゆったり目に入りました。すぐに上り坂が始まり、スキー場のほうへ。そしてハチ北の温泉街を一気に下ったりのアップダウン。ダブルさんやスポックさん、ベロンさんたちと一緒に走りました。自分も走り始めは調子よく、特に登りは苦労することなく走ることができて、自分でもビックリ。練習の成果が少しは出ているなと感じました。
a0098372_14342882.jpg

(写真提供・きっしゃんさん スタートして最初からいきなり登りに・笑)


15キロ 1時間17分42秒(24分00秒)
20キロ 1時間41分59秒(24分17秒)

 10キロの表示を過ぎると、しばらくして100キロの部と88キロの部が分かれる部分に。折り返し地点のエイドには、美味しい梅干があって、2個食べました。この付近で、濱ちゃん、そして遠くからたまごんさんに声をかけてもらい、とっても元気が出た区間です。15キロを過ぎると民家の中に。上りがきつかったのですが、応援も多く、手を振って走りました。(ここら辺の会館でトイレ休憩をしました)
a0098372_14345755.jpg

(写真提供・きっしゃんさん 温かい地元の応援がランナーを迎える)


25キロ 2時間6分25秒(24分26秒)
30キロ 2時間32分42秒(26分17秒)

 ここらへんで、やっほーさんが見えなくなってしまいました! ダブルさんと並走して走る時間帯もあり貴重な時間帯でした! 商店街では、たくさんの応援をいただきました。(ビールケースに座って応援してくれているおばあちゃんたちが可愛かった♪)折り返しのコースということもあり、スタート前に会えなかったたくさんの知り合いと会うことができました。(koojiさんやジェイさんとも!)


35キロ 3時間02分10秒(29分28秒)
40キロ 3時間28分11秒(26分01秒)

 そのうち、また88キロと分かれるT字路に。右に入って、流しソーメンエイドを目指します。少しずつ登る田んぼ道を走り。。。地元の子どもたちの応援が嬉しかったです。
 そして山間に入り、いよいよ、流しソーメンエイドに到着! 行きに寄ろうか、帰りに寄ろうか迷ったあげく、楽しみは元気なうちにと、最初に寄りました! 「秋田からようこそ!」と「他の人より多く流してあげるで~!」とおばちゃんに言われ(笑)、かなりのソーメンをいただきました! ウルトラマラソンで流しソーメンを食べたのは初めて! とっても楽しかったです!
a0098372_14352443.jpg

(写真提供・うーさん ソーメンエイドのある道を折り返して来たところ)

 元気いっぱいで折り返しを目指しますが、徐々にきつくなってペースもダウン。折り返し直前のあたりでは、走っていることができず、とうとう歩きになってしまいました。(というか、ここを走って登れる人はスゴイ!)なんとか折り返して下ってくると、とっとこと女子1、2位の叶姉妹が! そのすぐあとには、タラさんがいい表情で登ってきました。北海道の縞猫さんのプリマドンナ姿を拝む(笑)こともできましたし、福岡のうーさんとお会いすることができました! その他にも、たくさんのすれ違うランナーと声を掛け合って下って行きました。そして、一路、今回の難所・蘇武岳を目指しました。

45キロ 3時間58分46秒(30分35秒)
50キロ 4時間38分19秒(39分33秒)

 蘇武岳の登りに入ると、敦賀のSHOさんと上田さんに会うことができました。かなりキツイ傾斜を予想はしていましたが。。。その予想をはるかに上回る上り坂でした! 歩いて走ってのコンビネーションに早々に切り替え、リズムよく走ることに決めて走りました。「どこまでもつづくぅ~。。。この登りぃ~。。。」とゼイゼイ登っていましたが、頂上付近のダラダラとした登りでは、ほとんど歩いたまんま。「これは、萱峠の3倍はあるな(泣)こんなの走れるか~!(笑)」と、開き直っているくらいでした! 頂上に向かう途中に、ランナー一人ひとりへの応援看板があり、とっても感動しました。たしか「No.83 大友幸憲さん 秋田から初参加! 秋田の青馬会がんばれ!」というようなことが書かれていたと思います。その応援の工夫に「やられちゃったな~」と笑みがこぼれました。
a0098372_1436199.jpg

(写真提供・きっしゃんさん 蘇武岳のどこまでも続く登り)

 頂上付近、展望台のエイドに到着(景色最高♪こんなに登ってきたのかと、そのコース取りにも。。。唖然・笑)。ここでは、コーラをたくさんいただいてしまいました。氷の入ったコーラ、最高でした♪(生き返りました!)追い抜いてきたはずのランナーが、続々エイドに到着。みんなのキツソウな顔が印象的でした。
a0098372_14362755.jpg

(写真提供・きっしゃんさん 蘇武岳からの素晴らしい眺望)


55キロ 5時間07分39秒(29分20秒)
60キロ 5時間37分18秒(29分39秒)

 蘇武岳の頂上から、下りに入って間もなく、敦賀の上田さんが追いついて来てくれました。この先、どこまで下りが続くとか、どこからトレイル(砂利道)になるとか、初めてのコースだったので、上田さんの説明はこの先のコースがイメージできて、とってもありがたかったです。その上田さんとは、トレイルの部分で少しずつ離され。。。舗装路になった下りで、一気に前に離されました(早かった!あっという間に、見えなくなっていきました)
 その間も、登ったり下ったりのコース。、「ほんと平坦はないな~」と思って走っていました。ただ、この付近では、霧雨が降ってきて、森林浴とあいまってとってもいい気分で走れました。(暑いと思っていたのに、雨に恵まれるなんて♪ラッキー)
 スゴイ山の中のエイドでは、おばちゃんに「秋田にもこんなコースがありますか?」と聞かれました。「秋田にも自然は多くありますが、こんなにキツイコースを大会にしているのは。。。ないです。。。スゴイ、コースデス!(゚∀゚;)」と話しました。このエイでも、(この先のエイドも続く)秋田から来たということで、たくさんの方々に話しかけてもらって、いっぱい会話を楽しみました! 「村岡も有名になったものだ(笑)」と、地元の皆さんも喜んでくれていたようです!

65キロ 6時間08分51秒(31分32秒)
70キロ 6時間38分30秒(29分38秒)

 雨が上がると、一気に湿度上昇! ムシムシしていて、汗が一気に吹き出てきました。ちょっと足が痙攣気味だったので、これはまずい!とエイドで塩をつまんで、スポーツ飲料に入れて飲みました。先行していた上田さんに何とか並び、この辺は前後して走ることができました。そのうち、44キロの部の皆さんとコースで合流。88キロの皆さんとも会うようになり、声を掛け合うことができました。そして、われらが青馬会の「かめちゃんは、居ないかな~」とゼッケンを探して走ると。。。「おっ! かめちゃん発見!」登りの途中で、ロックオンできました(笑)。しばらく一緒に歩いて、キッツイ坂を登りました。
a0098372_1437828.jpg

(写真提供・濱ちゃん 撮影は、たこちゃん チャリティーランにも来てくれた西本さんと)
a0098372_14374129.jpg

(写真提供・濱ちゃん 撮影は、たこちゃん 下りを落ちてきた!? かめちゃんと一緒に♪)

 71キロのレストエイド、射添地区の公民館では、たこちゃんの応援をもらっちゃいました♪ バイクでは、なかなかコースに入れなかった模様。パンクもあいまって、大変そでしたが、たくさんのランナーを応援してくれていました!(たこちゃん、ありがとうね~) ここでは、かめちゃんが追いついてきて(落ちるように下ってきたらしい!スゴイ!)一緒に写真も撮れました。また、みちのく秋田チャリティーランにも来てくれた、西本裕子さん、そして旦那さんともお会いすることができました!(記念写真をパチリ♪) 
a0098372_1438854.jpg

(写真提供・きっしゃんさん 但馬の大仏殿手前の登り)

 射添地区公民館を出て、またまた登りへ。但馬大仏殿手前の上り坂。。。ここら辺に来ると、疲れがピークに。登りを積極的に攻めようとしても、なかなかリズム良く走ることができなくなってきていました。でも、大仏殿に入ってお賽銭を入れ、お参りをすると、自然とパワーが! 丹波の黒豆!?のお茶もいただき(おはぎは食べれなかった。。。)、住職さんにもご挨拶して、後半戦に突入しました。。(そんな中、社殿で帽子を取って走っていた上田さん、さすが!礼儀正しい!)
 大仏殿を出てからの登りでは、ウォーキングの部の親子連れが目立つようになり、子どもたちに「ファイト!」と声をかけて走りました。子どもたちも、元気にそれに応えてくれました

75キロ 7時間13分11秒(34分41秒)
80キロ 7時間44分23秒(31分12秒)

 この辺りの登りで、ひろっさんとふきこさん、イケイケさんから応援をもらいました。ひろっさんとふきこさんとは、昨年のみちのく秋田チャリティーラン以来の再会! 応援に来られるとはつゆ知らず! 突然のウレシイ出来事に、何がなんだかサッパリわからず!?、混乱してしまいました(笑)! 冷え冷えのトマトの差し入れをいただき、ガブガブかじって元気満タン。(もう一個食べたくて、登った坂を戻ろうかと思ったくらいです。感謝!)弱気だった気持ちも「あと残りわずかだ」と気合を入れなおすことができました。 

85キロ 8時間10分11秒(25分47秒)
90キロ 8時間40分32秒(30分21秒)

 90キロあたりで、チームもも組のISIさんと会うことができました。お子さんもお生まれになり、走る時間があまりなさそうで「練習不足」と話されていました。「これから先に、もう一つ大きな峠がある」とか「いいペース。最後までがんばって!」と励まされて走ることができました(ありがとうございました)。
 ここら辺のエイド、調子が良かったものだから、1カ所パスしたら。。。あっという間にガス欠に。90キロ以降の登りは、とてもきついものになりました。前に7位の選手が見えましたが(この時点で8位だったらしい。。。自分では9位と思っていた)、「第9回大会だから、9位には何かあるな。。。ムフフフ」と勘違いしていて、特に無理して追いませんでした(笑)。
 左足の膝上が痙攣しだし、これはまずいと歩いたら、もっと痙攣がひどくなりました。走っていたら、なぜか治ったので「これは走れということだな。。。」と、思って走りだしまた(笑)。結局、止まったり歩いたりすると痙攣が起こる感じ。キツカッタですけど、走るように心がけました。。。 

95キロ 9時間15分52秒(35分20秒)
100キロ 9時間42分16秒(26分56秒)

 さぁ、残り10キロ。ゴールまでカウントダウンです。登りの頂上の24エイドの奥で、缶ビールを飲んでいるお父さんたちを発見! 「おいしそうですね!」と言うと、飲みたいと聞こえたようで(笑)、「一本やるか?」と誘ってもらいました(嬉)! あて(おつまみ)までいただいて、乾杯してしまいました。秋田のお話もさせていただきましたし、村岡のお話もたくさん聞け、5分ほど楽しい時間を過ごさせていただきました(そのビールのうまかったこと! 一気に飲んでしまいました)。
 ほろ酔い気分で下って下って。。。途中、黒板に通過順位を教えてくれるおじさんがいました。なんと! 現在8位! 「おいおい、9位じゃなかったのー。。。第9回大会の飛び賞狙いだったのに。。。」そんなことを思いながら、下って下って。。。そのままゴールと行きたいところですが。。。最後の最後で、もう一つ登りがあるんですね(^^ゞ ダメ押しとも呼べる登りは、往復約1キロ。最後だと思って、全部走りきりました。折り返し地点で、地元の皆さんが応援してくれるんですが、今までのエイドと違って、なんかすっごい静かでした(笑)。どちらかというと、めずらしいものを見るような感じで(笑)、走っている私が緊張してしまいました(^^ゞ
 ホントに下りに入って、前方に100キロのゼッケンを着けたランナーが。「ん~9位狙いだったんだけど、勘違いして今8位だし、もう一丁頑張ってみよう。。。」と奮起。ラスト3キロくらいは、猛然と追いかけました。その前方のランナーも、何度も後ろを見るようになって。。。追いついた時、苦笑いで「とどめを刺してください。。。」と一言(笑)。「いやいや、一緒にゴールしましょう」とお誘いしましたが、もう下りがめちゃくちゃキツイとのこと。そうですね。。。私もきついです。そのままのスピードで先に行かせてもらいました。
 ゴール地点が見えてきて、かすかにゼッケン番号と名前をアナウンスしてくれていました。グラウンドに入り、たくさんの拍手でゴールに迎え入れられました。楽しくも辛かった初めての村岡が。。。9時間42分16秒で終了しました。。。
a0098372_14384787.jpg

(写真 100キロ順位速報。。。あと少しで6位入賞でした(^^ゞ )
a0098372_14392945.jpg

(写真提供・濱ちゃん みんなくたびれた~ (´□`)の顔!?)

村岡ダブルフル完走記・観光編に続く
[PR]
by takanori922 | 2006-09-08 22:33 | ウルトラマラソン
line

ライフブログ(時々更新w)


by otomo922
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite